5月9日のこち亀を不快に思ったこと

ブログを書き始めてろくに更新していませんが、理由は仕事で忙しかったの一言につきます。
その日のうちに帰れたのは、今日─既に昨日ですが─が初めてだったりします。
#一応言っておくと、昨日は日曜日だったりします
それはともかくとして、今日は、歳を取ったのかなと思ったことについて書いてみます。

このブログを読んでいる方は、フジTV系列で日曜夜7時から「こちら葛飾区亀有公園前派出所」こと「こち亀」というアニメを知っているでしょうか?
原作は週刊少年ジャンプの超長寿漫画で何十年も続いている作品なので、アニメでなくても、少なくても一度は目にしたことがあるかと思います。
一応、知らない方、あまりよく知らない方のために、説明しますと、舞台となるのは、東京の下町、葛飾区の亀有公園前にある交番、亀有公園前派出所(もちろん架空です)を舞台に、主人公の警官である両津巡査長を中心に巻き起こる騒動を描いたアニメ/漫画です。

その「こち亀」ですが、昨日、5月9日に放送された回は、5年に一度の交番に対する査察評価による騒動を描いたものでした。
亀有公園前派出所を管理する大原部長(両津巡査長の直属上司です)は、査察でいいところを見せようと大張り切りでしたが、不運にも、当日、高熱でダウン。
無理を押して交番に出てきましたが、まともに勤務できずに交番の中で寝込んでしまうはめになりました。
いつもはちゃらんぽらんな両津巡査長ですが、なんとか大原部長の体面を保とうと、査察のピンチを切り抜けようと奮闘します。
しかし結果的には、(両津巡査長のちゃらんぽさんさが災いしたこともあって)、査察評価の結果は最悪な結果に終わってしまい、大原部長以下全員、南極(?)に飛ばされることになってしまいました。
このアニメは普通に見ていて、ありえねぇという結末に笑うアニメなので、順当な結末ではありました。

ですが、正直なところ今回は全く笑うことができませんでした。
今回、大原部長は病をおしてまで出勤してきています。
(正直、描写を見る限り、すぐにでも入院してもおかしくないくらいの症状です)
主人公の両津巡査長と同僚の警官達も、(交番の中で内職をするというおよそほめられない行動はありましたが)病気の大原部長の体面を保とうと必死に努力していました。
しかしその結果は、病でふらふらになった大原部長の血迷った(ように見える)台詞と行動が査察官の目にとまり、最低評価を下され、全員飛ばされるという結末です。
両津巡査部長の不始末で、大原部長がひどい目にあうというのは、このアニメでは一つの決まったパターンであり、今回もそれにそっていたと言えば、そう言えるかもしれません。
ですが、大原部長は、病をおして出勤しており、それに対する仕打ちとしては、そして両津巡査長達の努力に対しても、あんまりにすぎると思いました。

「こち亀」の魅力は二つあると思います。
一つは、両津巡査長をはじめとする登場人物のはちゃめちゃさ。
もう一つは、いわゆる人情です。
これまで、こち亀は二つのバランスを微妙に保ってきましたが、
今回の放送は、前者については完全な不発であり、後者は完全に踏みにじる結果に終わっています。
正直なところ、見なければ良かったと思う回でした。

ですが、ふと思ったのは、こういう感想を持ったのは、自分が主人公の両津巡査長だけでなく、大原部長に感情移入できるようになったため、つまりは自分が社会人となり歳を取ったからだろうか、ということです。
自分が「社会人」であるという立場から考え直すと、今回の大原部長の「笑える」行動が、およそ笑えるものでなく、そのような描写をしたアニメスタッフに対して不快を感じただけだったということがよく理解できました。
つまり、自分は大原部長に親近感を抱くような年頃になったのだなと思ったわけでした。

あまりまとまりがついていませんが、今日は文章を推敲する時間もないので、このままアップします。
#念のために言っておきますが、大原部長とはずいぶん歳が離れていますよ。
#ちなみに、この回が、アニメでなく、漫画だったら、素直に笑えたかもなぁと思ったことも言い添えておく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

摩天楼
2004年05月10日 12:14
昨日は母がバレーを見たいというので見なかったのですが(いちよう毎週見てます、漫画も)、そういうオチでしたか。オチもマンネリ化してきたかな~と思ってます。警察手帳もまだ旧式のほうを使ってますしね~。いい加減折りたたみ式の新しい警察手帳を使ってください。手抜きすぎです。ちなみに「巡査長」という階級は無く、派出所のなかで一番えらい巡査が「巡査長」と呼ばれるのです。なので両津の階級は「巡査」。
アカギツネ
2004年05月11日 02:03
なるほど、両さんの階級は、巡査長ではなく、巡査ですか。
巡査長と呼ばれているイメージが残っていたので、てっきり巡査長という階級があるのかと思っていました。
指摘、どうもです。
トンボ
2004年12月01日 17:21
警察の階級
巡査⇒巡査長⇒巡査部長⇒警部補⇒警部⇒警視⇒警視正⇒警視長⇒警視監⇒警視総監
結果、公園前派出所で一番偉いのは大原巡査部長。
次が両津巡査長。
そして寺井、中川、秋本各巡査。(漫画では法条など)
トンボ
2004年12月01日 17:22
ちゃんと調べてから知ったかしろ。ボケ

この記事へのトラックバック