これが連邦のモビルスーツだ!!

「宇宙の戦士」というSF小説を知っているでしょうか?
アメリカのSF作家R・A・ハインラインが書いた有名なSFで、映画名「スターシップトルーパーズ」と言った方がわかりやすいかもしれません。
#ちなみに、これは原作の英語の原題"Starship Troopers"と同じ。無理に訳せば「星間船搭乗騎兵」ですかね?
私個人としては、原作は原作として、映画は映画として、楽しんで観ることができましたが、原作ファンにおおむね不評だったようです。原作ファンに不評だった理由の一つに、主人公達兵士が強化服(パワードスーツ)を着ていなかったということがあります。
原作では、強化服は重要なSFアイテムであり(宇宙の戦士はパワードスーツの元祖だった思います)、あのガンダムもこの宇宙の戦士が元だと言われています。
# 当初の構想では、ガンダムは巨大ロボではなく、宇宙の戦士同様、人間より一回り大きいだけのパワードスーツだったが、スポンサーからの横やりで従来のアニメと同じ巨大ロボになったとか聞いた覚えが。
その強化服ですが、そのデザインは原作本旧版の表紙と挿絵(現版の表紙は映画から取ったもの)に使われていたスタジオぬえの物が有名です。
これは、フィギュアを見て頂ければ分かる通り、現在では若干古い印象も受けますが、兵器兵器ぽい無骨なデザインが特徴で非常にナイスなものになっています。
#デザイン的には、ガンダムより、ポスト・ガンダムであるダグラムに近いような気がしますが。
そう、これこそがガンダムの原点だと言えば、多くの方が納得できるのではないでしょうか。
が、しかし、残念ながら、この強化服のデザインは日本語版原作小説の表紙と挿絵のために制作されたものであり、本来の原作で想定されていたデザインではありません。
先日、偶然、原作のアメリカ版のデザインを見かけたのですが、おそらくは、これこそ、本来、原作者R・A・ハインラインが考えていた物に近いデザインのはず。つまりは、これこそが、ガンダムの本当の原点。それは……

強化服@アメリカ原作版


…………連邦(アメリカ)のモビルスーツ(強化服)は化け物ですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

UT
2004年08月21日 23:44
多分あの絵は「Starship Troopers」のペーパーバック版の表紙絵ですね。
初版が1967年なだけになんとも60'sな。
アカギツネ
2004年08月25日 00:26
今のペーパーバックの表紙は日本語新版同様、映画から取ったものみたいで残念無念。
あの強化服で実写化しても面白かったと思うんですが(笑

この記事へのトラックバック